美肌を手に入れる

皮膚科は、皮膚に関する治療を行う病院です。そのため、皮膚の機能性を回復することから健康保険が適用されます。内服による治療もあることから、継続して治療するためその点で値段が低く抑えられている傾向にあります。しかしながら最近では皮膚の機能性だけでなく、きれいな皮膚を手に入れるための美容皮膚科が表れてきました。しわやしみをとったり、ヒアルロン酸を注入したりすることです。 しかし、そのような美容皮膚科は治療というよりは美しさ目的で行うため保険適用外となるため高額になる傾向があります。このような美容皮膚科は高額でもありますが、少しずつの施術により費用を抑えるという方法もあり女性を中心に様々な方に利用されています。

皮膚科の歴史は内科などに比べて比較的浅いのが特徴です。1898年に欧州から帰国した医師が広めたのが始まりです。 当時は、梅毒が日本の社会問題となっていたため、皮膚科は泌尿器科とともに発達していきました。戦後、泌尿器科とは別れて皮膚科が発達してきました。だから現在でも皮膚科と泌尿器科が一緒になっている病院もあります。戦後の好景気やバブル経済とともに世の中は進歩していき、より美しくありたいと思う人も増えてきました。このような中で発達してきたのが、皮膚の機能性ではなく外見に着目した美容皮膚科です。最近では、しみやしわを気にする人もいるため、特に女性の間で若い人からお年寄りまで受診する人も増えてきています。