把握する

脱腸の正式名称は鼠径ヘルニアと言います。 子供に症状が現れた場合にはsんてん的なものでさることが多いです。 大人の場合には、老化による筋膜の衰えが主な原因になります。 男性は40歳を越えた頃から患者数が増えはじめ、60歳頃がピークになります。 女性は20代から40代の患者が多いです。 脱腸になりやすい人の特徴は、重いものを持つ仕事をする人や便秘気味な人やよく咳をする人です。 また、妊娠をきっかけに症状が現れる人もいます。 喫煙も原因のひとつではないかと言われています。 脱腸で医療機関を受診する人は年間14万人以上にます。 珍しい病気ではなくごく一般的な病気ですので安心して受診してください。 今後、高齢化社会が進むにつれ、患者数は増加していくことが予想 されます。

大人の脱腸の原因は、老化により筋膜の衰えに加え、生活習慣が大きく関係していると言われています。 老化を止めることは難しくても、日々の生活習慣を少しだけ変えて見ることはできると思います。 脱腸の治療を受けている人はもちろ、そうでない人も予防の意味で参考にしてください。 まず、便秘は脱腸の大敵です。 規則正しい生活を心がけ、食物繊維の多いもの食べるようにしてください。 食物繊維の多い食べ物は、根菜や寒天です。 また、肥満気味の人は少し痩せるようにしてください。 適度に運動し、脂肪分の少ない食生活を心がけてください。 最後に咳やくしゃみをするときも気をつけてください。 なるべく小さめにし、手で覆うことを忘れないでください。 以上のことを気をつけるだけで脱腸になるリスクが減ると思います。