皮膚科の発展

薄毛に悩んでいるのであれば、皮膚科で治療をすることができます。皮膚科でも頭髪の治療を行ってくれる医院があります。育毛剤や育毛シャンプーを使ってもまったく効果がないという方は、一度皮膚科で診察を受けてみるのがいいです。基本的には、プロペシアという薬の単剤処方になります。プロペシアは、男性ホルモンを抑制させる効果があります。男性ホルモンは抜け毛を促進させてしまう要因となりますので、そのはたらきが抑制できれば抜け毛も止まっていき、抜け毛の進行を阻止することができます。皮膚科で治療をするのと竹刀のでは10年後に残っている髪の毛の量が違います。もし薄毛で悩んでいるなら、悩んでいる間に進行はしていきます。早めに見てもらうことです。

薄毛の治療となると皮膚科で治療をするか頭髪専門クリニックで治療するかになります。何が違うのかというと治療法になります。皮膚科はプロペシアの単剤処方になります。そして、治療には保険の適用がされますので、1ヶ月8000円程度の相場で治療ができます。ところが頭髪専門クリニックでの治療は、保険の適用がされないため毎月3万円程度の費用がかかりとても高額に治療費です。しかし、頭髪専門クリニックではプロペシアの処方はもちろんのことミノキシジルで発毛させたり、その人それぞれのオーダーメイドの治療をします。目的としては発毛なのです。皮膚科の目的は髪を維持する育毛が目的となります。つまり自分の今の髪の状態に合わせてどちらで診察を受けるかが変わってきます。